社内サイト管理者を育てる会社、中小企業119専門家、デジタル化応援隊専門家

ワードプレステーマはブロックエディタのSWELLテーマが簡単で便利

目次

ワードプレスの有料テーマTheThor(ザ・トール)

WordPressのテーマである「THE THOR」は、オシャレなサイトデザインを施すことができる優秀なテンプレートです。

エディタの特徴6つ
  • 見出しデザインは53種類×無限に選べる配色パターン
  • 記事を華やかに彩るアイコンを498種類を標準装備
  • 記事更新を楽にする12種類のショートコード
  • マーカー・ボックス・ボタン・ラベルはデザインが豊富で色も自由自在
  • 口コミ・レビュー・会話風吹出しなど、豊富なプリセットパーツ
  • 記事上でカラムレイアウトを
    自由自在にアレンジ可能

ワードプレスの無料テーマCOCOON(コクーン)

コクーン公式サイト
コクーンブロックが凄い

Cocoon Blocksの現在の対応状況

ワードプレスの使い方は、
クラッシックエディタ
ブロックエディタ
の2つがありますが、
CoCoonブロックを利用すると
驚くほど、簡単に画面のレイアウトが綺麗に収まります。

筆者は、デザイン系の専門知識が乏しく
常にデザインバランスを悩みのタネに抱えていました。

しかし、CoCoonブロックのおかげで
問題の多くが解決できました。

公式サイトよりテーマをダウンロードしてみて
お使いください。
ちなみにワードプレスのテーマは直ぐに元の状態に戻せます。

ブロックエディタをメインとして使う有料テーマSWEEL

SWELLの有料テーマを一度お使いください。
筆者の場合、コクーンブロックで感動しましたが、

SWELLブロックを使って、またまた驚きました。

簡単にシンプルで美しいデザインページが完成します。

短い時間に作成できるのも魅力です。

有料テーマは少し高めの17600円(税込み)ですが、
それだけの価値はあります。

ブロックエディターに完全対応!
SWELLのカスタムブロック
クラシックエディターにももちろん対応!

プログラミング不要!
マウス操作だけでカスタマイズできる!
シンプルで美しいデザイン(着せ替えOK)

3つのテーマを使った感想・満足度

クラシックエディターからブロックエディターへ時代の流れは確実に進んでいます

TheThor、SWELLなどはブロックエディターの時代の流れに乗れているテーマです。
何年かの時間が流れると必ずブロックエティタが主流となり、多くの方が簡単にシンプルにホームページ制作をしているだろうと感じました。

今から、ワードプレステーマを使うなら「SWELL」がおすすめです。

\ 電話090-1487-2959 /

サイト制作教室 KS志
中小企業119専門家

連絡先 090-1487-2959
MAIL kosunji@gmail.com

URL https://kskokorozasi.com
問合せフォームはこちら

この記事を書いた人

目次
閉じる