社内サイト管理者を育てる会社、中小企業119専門家、デジタル化応援隊専門家

無駄を無くしたホームページ作成費用5万円

目次

必ず起きる矛盾 (サイト制作前の悩みについて)

必ず起きる矛盾

会社や自分のサイトを制作すると時に必ず起きる矛盾について
お話いたします。
カッコよくて色々な機能があるサイトをお安く作成したいが、

その方法を探したり、考えたりした経験はありますか?

上記の質問内容には矛盾があります。

「Aグループのサイトを欲しい」は誰もが考える事です。

矛盾の始まり

あなたもAグループサイトを制作する為に、
どうしたら良いかを考えた事がありますか?

しかしながらこれが矛盾の始まりです

中小の(資金力が乏しい)会社が低予算でAグループのサイトを作成するには、無理があります。

特に、ホームページ制作会社は、デザイン性の高いページについて、高価格な見積もりを行います。

どうすれば、矛盾を無くし、無駄な時間を無くす事ができるのか?

欲張らない。分相応

その答えは、Cグループのサイトを作成する事です。
Cグループのサイトでも無料のWordPressテンプレートを使うと綺麗なホームページが作成できます。
既成の型番、テンプレートなどを使う事によって解決します。
今、見ているこのサイトも無料WordPressを使っています。

Bブループのサイトに発展

Bグループに発展

会社の商品や紹介サービスが多いホームページサイトはBグループです。
この場合は、会社内担当者によって、
色々な、投稿や固定ページを追加して行くタイプとなります。

違う表現を使うと、
会社内ホームページサイト管理者が必要になるサイト。
もちろん、経営者が管理者でも良いですし、
従業員の方が管理者でも解決できます。

Bグループサイトを作成したい方はどうすればいいのでしょうか?

CグループからBグループへ

簡単です。最初はCグループのサイトを作成して、内容の書き込み(投稿、固定ページ)方法を学習すれば、十分です。この内容の書き込み方法は、普通の方なら、1日あれば必ず習得できます。

Dブループのサイトに発展

機能を追加してDグループへ

WordPressは、世界で一番多く使われています。
その理由は、WordPress内に用意されている色々な機能が世界で一番豊富だからです。

「プラグイン」 機能

プラグイン機能は殆どが無料で使えます。

①「お問合わせ機能」などは、どんな会社サイトにも当たり前のように存在します。
②「会員制機能」などは、特殊な機能のように見えますが、WordPressでは簡単に無料で追加できます。
その他にも、色々な機能が簡単に追加できます。

【よく在る機能】には「お問い合わせ機能」

【そのた機能】には「 会員制機能 」などがあります。

SEO対策機能、SNS機能、アニメーション機能などありとあらゆる機能が存在します。

普通のホームページ制作会社は、この機能を使い、豊富な経験や高い技術を極めています。
この経験や技術が高く見積もりに反映されます。

普通(あなた)は、会社のホームページサイトを作成する時に、
色々な機能を追加したいと考える筈です。
Dグループのサイト制作の場合は
無駄な時間を省いて、ここは制作会社に丸投げしましょう。

重要なのは、自社内で追加した機能をしっかりと自社管理できる状態に保つ事です。

機能を沢山入れたのは、凄かったのですが、自分たちで管理できなくなると赤字の資産に早変わりいたします。

そんな(機能を使う事)事を予想して、最初から社員に学習指導してくれる、サイトを育てる方法を指導してくれる制作会社をお選びください。

経験上、
機能の使い方を社内で行えるように最初から指導してくれる会社を選びましょう。

東大阪市にある合同会社KS志

最初は何からすればいいですか?

 簡単です。Cグループのサイトを作成して、

Bグループの方向と(内容の多いサイト)

Dグループの方向に(機能の多いサイト)

発展させれば良いことです。

Aグループのサイトに仲間いりしたい。

サイト内デザインを高める為には、大きく2つの事を行う必要があります。

1つ目は文字を減らして綺麗な画像を配置させる。

もう一つは、グラフィックデザイナーにデザインの入れ替えを依頼する。

 

ここで行う、デザインの入れ替えは、最適解がありません。
人には好みやすきな色、好きなイメージがありますので、
万人に支持されるデザインは無いものだとお考えください。

コポーレートカラーやパーツ毎のデザインは最初から決めて置いた方が良いです。



WordPressサイトはスタイルシートで統一的に瞬時に変更できるので、
スタイルシートを操作できるデザイナーをお探しください。

実は、Wordpressテーマには
綺麗なパーツなどの型番が最初から多く配置されています。
世界的に有名な無料テーマはとても綺麗です。

ホームページサイト制作後について

それよりも、Aタイプの段階に近づくと
検索エンジン(Google検索)に上位ランクインする為の
SEO対策が最重要課題となるでしょう。

Google検索エンジン内で上位表示される対策の事をSEO対策と言います。

このSEO対策として重要な事は2つ

Google サーチコンソール

Google アナリティクス

は直ぐに設定してください。

BtoC、BtoBを行う会社は必ずこの2つが必須となります。

ホームページ制作会社の選択基準

各グループ毎の制作費が明確になっているのか調べてください。

各グループ毎の制作費がしっかりとしている会社を信じましょう。

特に、自社は良心的だと言いつつもCグループのサイト制作費が10万円以上の会社は
基本的に、営業社員、デザイナー社員、事務系社員などが多くいる会社になります。

そのような、人件費、広告費などを使っている会社は、ホームページ制作料がお高くなります。

次に、制作費はお安いですが、毎月の管理料を発生させる会社もあります。

月々の通常サポートがなにも無かったのに月管理料が5千円✕20ヶ月=10万円を要求する会社は
避けるべきです。3年間の累積は36万円に跳ね上がります。
毎月、色々と細かな指導やホームページ変更などをしてくれる場合は大丈夫ですが、

なにもしてくれない制作会社には気をつけましょう。

Cグループの制作費は5万円程度です。その後
社内管理者を育ててくれる、ホームページ制作会社を選ぶのが最適だとお考えください。

ホームページ製作者が自社のホームページ管理者を育ててくれる
会社を選びましょう。

それが、できれば、BグループやDグループのサイトには必ずなれます。

自社管理者を育てる為の投資は、自社の財産となります。

この部分をしっかりと抑える事ができている会社は人材が育ち、会社が発展するでしょう。

① Google サーチコンソール と② Google アナリティクス

この内容をを親身に指導してくれる、ホームページ制作会社を必ず選びましょう。

東大阪市にある合同会社KS

ホームページ制作料の見積もり価格を抑えよう。

①人件費見積と②制作内容見積

見積もり価格の計算方法(2つ)

■制作にかかる日数を計算して、見積もり価格を提示する方法

■制作内容のボリュームと機能追加の技術料、デザイン関連の技術手間などを計算する方法

の2つがあります。

担当技術者の日当 ✕ 制作日数
担当技術者の日当を1万5千円を基本として、制作日数は打合せからHP制作、修正、最低のSEO対策なども含めてください。その他、社内管理者教育や機能追加に対する管理者学習の時間もしっかり計算してください。
弊社経験では、受注先企業様が資料準備ができなくて制作日数が膨れ上がる経験を多くしております。
そのような事を鑑みると日数計算は企業側にとっては高くつくでしょう。

作成ページ数や制作内容、機能などから計算する方法があります。
4つのグループタイプのホームページ制作価格の見積もり表を参考に計算する方法です。
この方法で見積もりをする場合は、制作会社が型番を用いて短期間で制作完了し、制作会社内の人件費を抑えようと動きます。
受注先企業のサイト管理者教育期間が短くなるリスクが在ること前提にしつつも
こちらがお安く制作できる方法です。

ホームページ制作はCグループ制作から開始するのをおすすめ致します。

ホームページ制作後のメンテナンス料

ランニングコストは会社にとっては負担になる部分です。

しかしながら、内容が固定的なホームページだけの場合は
ランニングコストを無理に使う必要はありません。

内容が固定されたホームページのみを作成する場合は
無駄な経費を抑え、低価格ホームページを作成
しましょう。

この場合は一切のメンテナンス料は発生いたしません。

しかし、

社内商品を継続的に販売する。宣伝したい、商品変更がある、
一定期間ごとにホームページを変更したい。

会社規模の変化や、販売形態の変化、販売商品の増減などに対応してHP制作
この場合は、制作後のメンテナンスを自社内だけて解決するのでは無く、
社外専門家にコンサルを受けるのが重要となります。

■細かなメンテナンスを受ける (低価格)

この2つは、区別して専門家の指導を受けましょう。

細かなホームページ内メンテナンスなどは、低価格での契約で充分です。
「1日学習で社内管理者が出来る事柄なのか?」この質問を専門家に確認するのが経営者側の器です。
この質問ができる所までの基礎学習、初心者学習は、必ず致しましょう。

■ 社外専門家にコンサルを受ける (高価格)

アフターコロナの会社スタイルは変化を求められております。

事業再構築を視野に、会社商品(サービス)の宣伝手法、販売手法を大きく変えてゆきましょう。

昔ながらの手法+新たな時代の手法をコラボさせる2段構えが重要です。

新たな時代のコンサルは必ず必要になってくるでしょう。

以上 合同会社KS志

サイト制作教室 KS志
中小企業119専門家

連絡先 090-1487-2959
MAIL kosunji@gmail.com

URL https://kskokorozasi.com
問合せフォームはこちら

この記事を書いた人

目次
閉じる